上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.11 復活
 復活しました。
遅ればせながら植草一秀さんが、冤罪事件による不当な投獄から
無事に戻っていただいた事を祝いたいと思います。

 政権交代すれば日本は変わる、良くなる。
本当に僅かながらの力、ミジンコのような力ではあるが
少しでも政権交代に協力したい。
そういう思いからこのブログを書き始めた。
民主党が政権を採れば、もう政治は大丈夫だ。そう思っていた。
もうブログを書く必要もない。そう思っていた。
でもやはり現実は甘くない。

 民主党が政権をとれば植草さんがブレーンとして起用され
その無実が日の目をみるのではないか。
りそなインサイダーを始め小泉・竹中の犯罪行為が全て明らかになるのではないか。
封印されている常温核癒合などの新技術を全世界に暴露していくれるのではないか。
そういう期待があった。でも現実はそう甘くはないようだ。
民主党は、いい党だとは思うが少しばかり過剰なバランス感覚を持ち合わせているようだ。
特に国防にも関わるアメリカとの関係やユダヤとの関係
または、混乱というもの、を気にしているようだ。
確かにそれは、当たり前なのかもしれない。

 でも民主党は忘れていることがある。
政権交代。それは革命なのだということを。
「混乱」というものを避けては通れないという事を。
今の民主党は「必要以上に混乱を避けている」その一言につきる。
確かに今まで自民党がしてこなかった事をしている。
行政革新会議にしても、予算の組み立ての裏側を明らかにるということにも
確かに自民党がしてこなかった事をしている。
でも私はまだまだ手ぬるいと思う。
政権交代前に民主党がなんと言っていたか。
「予算をゼロから組み立て、必要なものから予算を充てていく」
「官房機密費を全て公開すべきだ」
「記者クラブを廃止する」
上記はいずれも達成されていない。

 日程上の問題か何かは知らないが概算要求を自民党が出した予算をベースに
組み立て、削ったとは言うものの莫大な概算要求になっている。
私は、これは明らかにおかしいと思う。
自民党が組んだ予算を元に、従来の概算要求の発表の日程にそって概算要求を発表し、
来年度予算も自民党時代に作られた予算、日程にそって組まれようとしている。
なぜだろう。
「予算をゼロから組み立て、必要なものから予算を充てていく」のは
どこに行ったのであろうか?
日程を遅らせてでもゼロから予算を組むべきだ。自民党時代からのの予算・日程を踏襲する必要は
何もない。
例えば来年度の半ばまで、予算をゼロから組み上げるまでは発表をしない。
そんなことがあっても良いと思う。
自民党時代の予算の半分は借金というどう考えてもおかしい予算の組み方を
踏襲している。もっともっと削るべき無駄はあるはずだ。
借金まみれなのに、さらに予算の半分が借金というのはやはりおかしい。
経済・財政的な配慮という事かもしれない。急速に予算規模を小さくするということは
できないのかもしれない。でもこの場合小泉・竹中時代の緊縮財政とは違う。
明らかな無駄を排除するというだけなのだ。
予算の中で借金の割合が減るということは財政上も、経済的にも喜ばしい
ことであるはずなのだ。

日程を大幅に遅らせてでも、明らかな無駄を徹底的に排除し、
予算規模もまずは3分の2程度になったとする。
その結果、多少政治的にも経済的にも混乱は生じるかもしれない。
でもそれは避けて通れないのだ。
「予算をゼロから組み立て、必要なものから予算を充てていく」という前例に無い事を
するという事はそういうことなのだ。混乱はさけて通れないということなのだ。
民主党は日程を大幅に遅らせてでも断行すべきだった。

 今回の政権交代で一人気を吐いているのは、亀井静香だけだ。
亀井静香こそ真の政治家であり、ラスト侍だ。
命を懸けタブーに切り込む勇者だ。
平野官房長官が、記者クラブ開放を潰し、官房機密費を公開しないと断言した。
多分彼の言い分はおくだ。
「正義は理想論だけでは実現できない。正義を達成するために泥をかぶる役目も必要だ」
こんな間違ったナルシズムはいらない。
こういう間違った考えをしている時点で負けているのだ。
民主党の自民党化の始まりなのだ。

理想や革命は、嫌になるほど真っ直ぐに、それを追い求めていた結果に得られる
ものなのだ。チェ・ゲバラや植草一秀のように。
スポンサーサイト
 ついにこの日がきてしまった。

植草一秀さんが、

冤罪事件をでっちあげられ、不当判決によって有罪を受け、

無実の罪で牢獄に入れられてしまった。

しかも選挙を控えたこの時期にだ。

植草さんをハメタ人間はどこまでも汚い奴らだと思う。

とてもくやしい。正義はどこにあるのかと思う。

しかし一番無念なのは植草さん本人だろう。

はらわたの煮えくりかえる思いというのはこういうことだろう。

悔しい。とても悔しい。

今は植草さんが無事刑務所から出てこられることを祈るしかない。

これだけ多くの人たちが植草さんを支持し、見守っている。

収監中の身の危険を案じ、多くの人たちが監視している。

もし植草さんの身に何かおきたとしたら、もう多くの人たちが

黙っていないだろう。

今は植草さんの身に危険が及ばないように監視をし、身の安全を祈ろう。
  僕は

  「日本は北欧型の社会保障大国を目指す。」

と民主党がはっきりと主張すれば、今以上の支持を得られると思っている。

「北欧型の」と付けることでイメージもしやすい。

国の大まかな方向性もはっきりする。

びっくりするくらい大多数の支持を得られるんじゃないだろうか?


 今日本人が一番求めていることは何か?

それは「安心」だと思う。

不況で雇用が無い。年金や介護など老後が不安、等

日本中が不安で充満している。

これでは日本の国民が本当の意味で幸せとはいえないし、

経済にしても、将来の不安から皆貯蓄してお金が回らないという悪循環だ。

 
 デンマークは世界で一番国民の幸福度が高いと言われている。

医療費や教育費は、基本的に無料。

年金のシステムも解りやすくかつしっかりとして、不安はない。

失業手当にしても「首になったらお祝いしよう」と言われるくらい手厚い。

国中に生活に対する安心感が溢れているという。

かつ経済にしてもGDPにしても世界最高水準を誇っている。

医療も老後も安心だからデンマーク人は貯蓄などしないという。

よってお金の回りもよく、手厚い社会保障が、経済に好影響を与えている。

エネルギー・食料自給率にしても100%以上を達成している。


税金の高さを差し引いても十分すぎるくらい、政治が国民の幸せを作っている。

もちろんデンマークや北欧諸国が万能な国とは言わない。治安など問題もあるとは思う。

でもこの北欧型の社会保障大国は、

気質的に心配性の日本人にぴったりとあっている。

僕にしてみればこうゆう国があるのに

こうゆう方向性を目指さないという理由が見当たらない。

他に選択肢などない
とさえ思う。

なぜ民主党は、こういう風に主張しないか不思議に思う。

 
 
 こうゆう北欧型の社会保障大への方向性を嫌う人間は、

竹中平蔵をはじめ、経団連など金持ち連中だ。

こうゆう方向に国がいくと、大金を稼いでも税金で持っていかれるのが嫌なのだろう。

竹中がどこかで「北欧型の社会保障政策は日本には地理的に合わない」というような事を

言っていたが、どんな根拠があってそう言っているのか詳しくお聞きしたいもんだ。

まあ竹中は「人頭税が理想の税金」などと主張する人間だから

北欧型の社会保障政策に反対するのも当たり前だろう。

こんな奴らは民主党が政権をとれば静粛されるだろうからほっておくとして

「北欧型の社会保障大国へ」

日本はこういう方向に行ってほしい。いや行くべきだ。

そう思う。

ワンクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
 「高齢者は働く事しか能がない」

麻生太郎が、先日ある会合でこんなことをノタマッタそうな。

僕自身もうすでに怒りは感じない。

ちょっと前までは「ため息」までは何とか出た。

でも今はため息さえ出てこない。

「なるほどね」

というのが率直な感想である。

「さすが麻生。そこまで言うか。」

という感じだ。


 
 日本で一番注目を集める立場である内閣総理大臣という地位

にたって

「自分がいかに無能であるか」

「政治家云以前にいかに人間として終わっているか」

「またその自分自身の欠落を、混じりけ無しに自覚できないでいる様、

自分自身を振り返るということを200%知らない様」


ここまで堂々と公衆の面前で晒してくれる、麻生太郎を見て

私はもう麻生太郎を可哀そうな人間だとしか思えない。

「政治家としても無能で、かつ人の痛みも解らない」

もう誰がどうやったってフォローできません。

一億二千人の面前で

「どう俺?こんな無能なんだぜ。

どう俺?こんな人間として欠落してるんだぜ。

どう俺?こんな小っ恥ずかしい人間なんだぜ。」


と、フンドシのからきし似合わない青っ白ろい痩せた中年の太もも

M字開脚を晒しながら、「麻生スマイル」をしてくれる。

そのスマイルは、たしかに「とてつもない」

こんなんで「安心社会」をノタマう。もういい加減にしてくれよ。

こんな人間が国会議員になってしまう。

こんな人間が日本という国の内閣総理大臣になってしまう。

人間なんてラララである。

これをテーマに分厚い論文がかけます。



 麻生太郎の頭の中には、

高齢者の方々に対して

「長年お勤めご苦労さまでした、

日本に貢献していいただいてありがとうございました。

あとはもう我々にお任せください。

後はもう残りの人生を、

本当に好きな事だけしてお過ごしください。」


なんて気持ちはさらさらない。

「高齢者の方々一人一人の幸せ」なんて鼻から考えてさえいない。

麻生にとっては高齢者の方々は、日本という国の「駒の一つ」にすぎない。

もういいよ。麻生太郎。

お前は間違いが間違いに重なりまくって、総理大臣になってしまったんだ。

その資格も、能力もハナからありゃしなかったんだ。 

ありがとう。中々パンチの効いた公開オ○ニーだった。

あんたほど赤っ恥をかいた人間もいないだろうよ。

選挙も厳しいだろう。

政治家としてももう終わりだろう。

あんたに同情するよ。

バイバイ 麻生太郎。



ワンクリックお願いします!
人気ブログランキングへ

 顔中権力欲丸出しで 宮崎のウスラ○ゲが「地方分権 地方分権」と吠えている。
馬鹿の一つ覚えのように「地方分権」を連呼している。
いい加減うんざりだ。

はっきり言って
「地方分権」なんて無くていい。
「国民の幸せ」が実現ができれば
地方分権でも中央集権でもどちらでもいい。


 
 この東国原や橋下が言う「地方分権」というものは要は

国の出先機関と地方の仕事がダブっていて税金の無駄遣いになっている、
だとか

国が、どう考えても切迫した必要性に欠ける道路やその他インフラの整備などに
金を使い、その負担を背負わされる

だとか

地方各々が本当に必要としている公共事業、インフラ整備、福祉政策などに
国の補助金を使いたいが、補助金の仕組みが出鱈目でろくに使えない

だとか

そういう「税金の無駄遣い」を無くすという意味合いが強い。
後は、地方の知事が中央集権の仕組みにガンジガラめで
思うような政治ができないから、もっと地方(知事達)に権限を
ということだ。

でも考えてもみて欲しい。
それらは全て「政治の内側」での話しだ。
政治に直接たずさわっている人間たちの都合の問題でしかない。
「国民の幸せ」に直結するような話では全くないんだ。
だから多くの国民は「地方分権 地方分権」と連呼されても
「ピンとこない」



○国の補助金制度を改める。
○道路事業公共事業を本当に必要なものからせロベースで考える。
○地方にもっと権限を与えるために地方集権を推し進める。

と主張する民主党が政権をとれば一気に解決してしまう問題だ。
本当に地方分権を実現したければ
デタラメナ中央集権を作り、それを維持してきた自民党に入るのではなく
本当の意味で地方集権を推し進めようとする民主党に入れば解決する話だ。
それなのにナゼ自民党なのか?まったく支離滅裂もいいところだ。

東国原にしても橋下にしても
所詮は
財界やアメリカの支援を受ける現与党は強い
寄らば大樹の影というワケだ。
権力欲、自分の生き残りしか頭にない。
そこに「国民の幸福の実現する」という使命感はゼロだ。
東国原などは、その顔に権力欲が滲みでてしまっている。
こんな奴らの小手先に騙されるような日本国民ではない。

皆、自分達の生活が追い詰められているのだ。
自分達の最低限の健康的で文化的な生活が守られることが第一なのだ。
「地方分権」だけでは国民の生活は守れない。
東国原、橋下よ
もっともっと吠えるがいい。
吠えれば吠えるほど
お前らから国民は離れていくだけだ。

ワンクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。