上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ついにこの日がきてしまった。

植草一秀さんが、

冤罪事件をでっちあげられ、不当判決によって有罪を受け、

無実の罪で牢獄に入れられてしまった。

しかも選挙を控えたこの時期にだ。

植草さんをハメタ人間はどこまでも汚い奴らだと思う。

とてもくやしい。正義はどこにあるのかと思う。

しかし一番無念なのは植草さん本人だろう。

はらわたの煮えくりかえる思いというのはこういうことだろう。

悔しい。とても悔しい。

今は植草さんが無事刑務所から出てこられることを祈るしかない。

これだけ多くの人たちが植草さんを支持し、見守っている。

収監中の身の危険を案じ、多くの人たちが監視している。

もし植草さんの身に何かおきたとしたら、もう多くの人たちが

黙っていないだろう。

今は植草さんの身に危険が及ばないように監視をし、身の安全を祈ろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doshiroutonoblog.blog34.fc2.com/tb.php/10-23bd1875
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。