上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.28 朝ズバ
 朝ズバの「ニュースの根っこ」というコーナーで「介護心中、殺人」を取り上げていた。

ケアマネージャー兼結淑徳大学准教授 結城康博 ほか両親の介護経験者を

、その他NPO団体代表等をスタジオに招いて

「クソの足しにもならない井戸端会議」

を展開していた。

最終的には

「介護は大変だねー、やっぱ助け合いが必要だねー」

というワケのわからない井戸端会議をして終わり・・・・。

おい ちょっと待て。

誰が悪いのか。誰がこんな介護心中が多発するような日本を作ったのか。

なんでそこに触れない??

自民党がこんな日本を作ったんだろうが!!

大企業や大金持ちを優遇する一方で

介護を始め、医療、福祉をどんどん削っていった

今の自民党

介護心中、介護殺人を生んだ張本人だろうが。

そこが核心だろうが!なんでスルーする?????



認知症を患う親をたった一人で介護するということがどんなに過酷で苦しい事なのか、それは

今多発する介護心中、介護殺人を現象を見ても明らかで、それは端から見ている僕自身とても

同情を覚えるし、ものすごく憤りを感じる。

過酷な介護に追われ、極限まで追い詰められてしまって

自分の実の親を殺したり、自らの命をたったりしてしまう・・・・。

こんな不幸があだろうか。こんな地獄があるだろうか。

こんなに救いのない事があっていいのだろうか。


経済先進国で豊かな国、高い文化を持った国、日本でこんな悲しい事件が毎年多発している。

これは「地獄絵図」だ。そんな「地獄絵図」が多発しているにも関わらず、

国民は沈黙をしている。

どうしてこんな国になってしまったのか、

もう一度言うが

誰がこんな国を作ったのか、

その原因、その責任がどこにあるか、それはハッキリしている。

それはすべて与党の座に君臨する自民党だ。


自民党が、企業や、富裕層を優遇する一方で、一番守らなければならない社会保障を削り、

一番守らなければいけない人たちの命、生活を削ってきたんだ。

後期高齢者医療制度を見てみろ。福田元総理大臣がお年寄りに

「もうちょっと負担してくれてもいいじゃないの」と公言した。75歳をこえる高齢者に

「今現在負担している保険料よりもっと負担してくれ」ということだ。

おい ちょっとまて。特殊法人に毎年流れる12兆円はどうした?

これから10年で60兆円使われるであろう暫定税率はどうした?

これらの無駄を削るのが先じゃないのか?

そして何より、高齢者の人たちの保険料、医療費は「無料にしていく」ということが

本来の進むべき道なんじゃいのか?

デンマークや欧州諸国は、「医療費は基本的に無料」なんて国はたくさんあるんだ。

日本ができないはずはない。少なくとも、高齢者や障害者、母子家庭など

そういう一番弱いところの医療費などは無料にすべきだ。



今の自民党は根本的に間違っている。

すでに多くの国民にとって害悪でしかない。

日本はこれから

社会保障大国を目指すべきだ。

これは多くの国民が望んでいることなんじゃないだろうか?

今の日本なら北欧諸国ほど国民負担を増やさずとも

北欧並の手厚い社会保障が実現できるんじゃないんだろうか?

いずれにしても一刻も早く政権交代を実現し、

民主党による国民の命、生活を第一に考えた政治を実現してほしい。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://doshiroutonoblog.blog34.fc2.com/tb.php/3-7d239de1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。